大相撲における帰化

 日本の伝統スポーツであり、国技とされている大相撲の世界では力士が帰化を行うケースが良く見られます。 一般的に親方になるための資格とされている「親方株」といわれる年寄名跡を取得するためである。大相撲の親方と言うものはオーナー兼監督と言う立場にあたる。そのポジションに付けるのは、やはりこの競技が国技と呼ばれている以上、日本国籍が必要と考えられているからである。  

 

 大相撲のケースでは「高見山大五郎」が最初といわれ、年寄名跡「東関」を襲名した。高見山(東関親方)の弟子であった曙と、高見山(東関親方)と同じハワイ出身の小錦と武蔵丸、それにモンゴル出身で元大島親方(元旭國)の養子となった旭天鵬なども帰化している。  2014年にはヨーロッパ出身力士としては初めて琴欧洲も帰化した。

 

 この他、在日コリアンと呼ばれる力士たちの中には、出自を知られていない者もいて、人知れず帰化したケースもあると言われている。

 

 昨今では、一部屋に外国人力士は一人までという入門制限が設けられています。大相撲の世界でも国際化が進んでいると言えますが、この制限により外国人力士を増やすわけにもいかない部屋も出てきています。その結果、新たに外国人の入門枠を広げるために既存の外国人力士が帰化したと見て取れるようなケースもあります。

 

 当然国籍の選択は力士本人の意思によるものであり、それだけが理由でないことは言うまでもないが、大相撲の国際化の潮流を示す事象の一つであり、日本人力士を応援したくなる気持ちはあるが、大相撲の活性化には外国人の存在はもはや欠かせない存在となっているのも事実である。

 

 

 

 

 

当ホームページをご覧いただき、まことにありがとうございます。当オフィスのサービスについて、ご不明な点やご相談などございましたら、お電話又はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話・FAXでのお問い合わせはこちら
☎:03-3871-3874 

FAX:03-3873-9512

 受付時間:平日10:00~19:00
※休日,時間外相談をご希望の場合も、お時間調整後対応いたします。

問い合わせフォームからのお問い合わせは→ここをクリック

 


ご挨拶 

所長 柳舘 亮一

当サイトへのご訪問頂き誠にありがとうございます。

弊所では日本で暮らす外国籍の方を法務手続きの面からサポートしています。

帰化申請やビザ申請などの法務手続きは専門家へお任せください。

 

事務所理念はこちら

メニュー一覧

お役立ち記事一覧

お役立ち情報一覧

オフィス情報

所在地

〒110-0003

東京都台東区根岸3-1-17

☎03-3871-3874

info@dtc-office.com

HP: http://dtc-office.com

オフィス所在地

JR山手線 鶯谷駅南口 徒歩5分

日比谷線 入谷駅 1番、2番出口より徒歩5分

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3