「帰化」と「永住」の違い

どちらの方が手続きや、許可を得ることが難しいか?と言う疑問を持たれる方は多いかと思います。

ここでは、帰化と永住の違いについてご説明いたします。

 

帰化と永住は、期間や活動の制限がなく日本に在留できると言う点は同じです。

しかし、申請方法や制度の内容はかなり異なります。その違いを十分把握した上で、判断されることが大切です。

 

基本的な相違点

 

帰化:

外国人が、日本の国籍を取得して日本人になることです。これにより、日本人と同等の権利を取得することができます。日本人には二重国籍が認められないため、他の国籍は離脱必要がありますので、唯一日本人としてのみの国籍を有することとなるのです。 よって、一旦帰化すると、再び母国の国籍を取得するのは簡単でないため、一生涯、日本に住むという強い意思がある場合は帰化されることをお薦めします。

 

永住:

外国人が、現在の外国籍のままで、継続して日本に住める(永住できる)在留資格のことです。 将来母国に帰国を希望される方や、仕事などで頻繁に帰国される方は、永住をお勧めします。 あくまで日本国籍ではない点がポイントです。

 

「帰化」と「永住」の主な違い

  

ここでは申請における「帰化」と「永住」の主な違いをご説明していきます。

 

① 居住要件

 

帰化:

 一般的な外国人の帰化要件の場合は、 『引き続き5年以上日本に住んでいてかつ3年以上の就労実績があること』

 

永住:

一般的な外国人の永住要件の場合は、 『引き続き10年以上日本に住んでいてかつ5年以上就労資格又は居住資格在留していること』 『3年以上の在留資格を有していること』

 

居住要件にはそれぞれ緩和要件がありますので、主なものを記載しておきます。

 

帰化:

日本人と結婚した外国人配偶者の場合には少し緩和されて、3年以上日本に住んでいるか、結婚後3年以上が経過し1年以上日本に住んでいることで申請が可能となります。

 

永住:

定住者や難民認定を受けた者は引続き5年以上日本で住んでいることで申請が可能になります。 また、日本人,永住者及び特別永住者の配偶者の場合,実体を伴った婚姻生活が3年以上あり、かつ、引き続き1年以上本邦に在留していることで申請が可能となります。

 

② 素行要件

注意すべき点は納税義務を果たせているかと言う点です。

 

帰化:

年金、住民税を仮に払っていなかったとしても、 申請までに未納を解消しておくことにより許可になる場合もあります。

 

永住:

特に健康保険の納付状況に厳しく審査が入ります。 納付期限をちゃんと守って払っているかと言うことです。 一度でも健康保険の納付期限が過ぎてしまったらその時点で許可されません。

 

 

以上を踏まえ、個々のご状況を総合的に見てどちらが良いのかを判断していくとになります。

 

 

当ホームページをご覧いただき、まことにありがとうございます。当オフィスのサービスについて、ご不明な点やご相談などございましたら、お電話又はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話・FAXでのお問い合わせはこちら
☎:03-3871-3874 

FAX:03-3873-9512

 受付時間:平日10:00~19:00
※休日,時間外相談をご希望の場合も、お時間調整後対応いたします。

問い合わせフォームからのお問い合わせは→ここをクリック

 


ご挨拶 

所長 柳舘 亮一

当サイトへのご訪問頂き誠にありがとうございます。

弊所では日本で暮らす外国籍の方を法務手続きの面からサポートしています。

帰化申請やビザ申請などの法務手続きは専門家へお任せください。

 

事務所理念はこちら

メニュー一覧

お役立ち記事一覧

お役立ち情報一覧

オフィス情報

所在地

〒110-0003

東京都台東区根岸3-1-17

☎03-3871-3874

info@dtc-office.com

HP: http://dtc-office.com

オフィス所在地

JR山手線 鶯谷駅南口 徒歩5分

日比谷線 入谷駅 1番、2番出口より徒歩5分

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3